八ヶ岳の森から生まれた楽器!八ヶ岳カラマツチェンバロ・コンサート

この春、地元八ヶ岳産の樹齢110年のカラマツから「チェンバロ」が誕生します。

八ヶ岳高原音楽堂開館30周年記念

八ヶ岳カラマツチェンバロ・コンサート

2018年春、地元八ヶ岳産の樹齢110年のカラマツから、ヨーロッパの宮廷文化を象徴する楽器「チェンバロ」が誕生します。

カラマツは全国有数の森林県・長野県の代表的な樹木です。八ヶ岳高原音楽堂でも主な木材として使用され、その建築美を印象付けています。また昭和40年に33万本のカラマツの植林からはじまった「八ヶ岳海の口自然郷」にとって、カラマツは50年以上に渡る自然郷の開発・育成の原点であり、八ヶ岳の主峰赤岳を正面に見据え数キロにわたり続くカラマツ並木は、リゾート全体のシンボルとなっています。
そして、春の芽吹きから、夏に向けて深みを増す緑色、八ヶ岳イエローの名で知られる秋の黄葉、冬の霧氷・・・、カラマツは、まさに八ヶ岳高原の四季を象徴する樹木ともいえます。

16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの宮廷社会で流行し、バッハ以前の音楽「古楽」の代表的な楽器として知られるチェンバロは、時代を超えて愛され続ける、繊細な美しさをたたえた楽器です。
森に囲まれた音楽堂。森から生まれた楽器。そこで奏でられる、海と時代を越えてきた音楽。
大自然が織り成す音楽物語に、次世代へのメッセージをこめて、大人はもちろん、子どもたちにも気軽に参加できるコンサートをスタートします。

【開催日
6月3日(日)・10日(日)・17日(日)
7月22日(日)・27日(金)・29日(日)
8月2日(木)~29日(水)の毎週月~金曜日
9月9日(日)、30日(日) ・
10月14日(日)、28日(日)・
11月4日(日)、11日(日)、18日(日) ・
12月9日(日)、16日(日)、24日(月・振)

時間
13:15開場 13:45開演(約50分)

【会場】
八ヶ岳高原音楽堂

【料金】
大人 1,500円
小・中学生 700円
自由席 ※未就学児不可

FOR KIDS!

お子さま向け「ジュニア・ガイド」を配布します。
カラマツ・チェンバロの紹介を通して、森林の国・日本を支える林業や、世界が注目する職人の世界、そしてそこから育まれる文化を、材料となった「カラマツ」を題材に、子ども向けの「ジュニア・ガイド」として配布します。


八ヶ岳カラマツチェンバロ ジュニアガイド(PDF 2.8MB)

【ご予約】
チケットのみのご予約はセブンチケット、もしくは八ヶ岳高原ロッジにて承ります。
下記リンクよりインターネットでもお申込みいただけます。

セブンチケット(5月公演) 

セブンチケット(6月公演) 

セブンチケット(7月公演) 

セブンチケット(8月公演) 

ご宿泊プラン、ランチ付プランもございます。
詳しくは八ヶ岳高原ロッジ(電話:0267-98-2131)へお問い合わせください。

戻る


お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ 電話:0267-98-2131