八ヶ高原音楽堂30周年記念プロジェクト

たためる椅子×ミナ ペルホネン

スペシャルエディション

2019年春、八ヶ岳高原音楽堂の客席椅子である、「たためる椅子」が、ミナ ペルホネンのテキスタイルと出会い、120脚限定のスペシャルエディションが誕生します。

30年前、「たためる椅子」は八ヶ岳高原音楽堂の客席椅子として、建築家 吉村 順三、建築家 中村 好文、家具デザイナー 丸谷 芳正 3名による共同デザインワークとして生まれました。

日本人のDNAに刻み込まれた所作「たたむ」「しまう」「だす」が基軸となったこの椅子は時代を超えて、いまなお、新しい風を感じる隠れた名作です。

八ヶ岳高原音楽堂30周年を記念し、来春、世界的なテキスタイルデザイナー皆川 明が率いる、ミナ ペルホネンのテキスタイル “dop”が「たためる椅子」と出会います。

“dop”は、テキスタイルでありながら年月とともに廃れるのではなく、少しずつ隠れている色があらわれ新しい表情をのぞかせる、あじわい深い、稀有な生地。

その未来が、たためる椅子と重なります。

次の30年、あなたはこの椅子を誰に伝えますか。

お披露目会と受注会が、5/25(土)に音楽堂で行われます。

皆川明氏と親交の深い、幻の入手困難な自然ワインを作る山梨県・津金のボーペイサージュオーナー岡本英史氏にまつわるコンサート「音楽とワインの夕べ~ボーペイサージュと音の仲間たち」にあわせて、「たためる椅子」×ミナ ペルホネンのお披露目会&受注会が行われます。

「たためる椅子」イベント詳細
日時/2019年5月25日(土)会場/八ヶ岳高原音楽堂
内容/「たためる椅子」×ミナ ペルホネン スペシャルエディション お披露目会&受注会  時間未定 参加費無料

同日開催コンサート「音楽とワインの夕べ ~ボーペイサージュと音の仲間たち~ 」
日時/2019年5月25日(土)14:00開場 15:00開演 有料
会場/八ヶ岳高原音楽堂
コンサートの詳細はこちら → http://www.yatsugatake.co.jp/event/concert/2019/0525/

※お披露目詳細については、2019年2月上旬に、八ヶ岳高原ロッジのウェブサイトと特設ウェブサイトにて発表いたします。

どんな椅子になるの?

「たためる椅子」×ミナ ペルホネン スペシャルエディションは、期間限定で、限定120脚のみの販売となります。

たためる椅子の座面が、ミナ ペルホネンのテキスタイル(ポリエステル、コットン)になります。

皆川氏が八ヶ岳にインスピレーションをうけて選んだ計9色の中から色を選ぶことができます。

鮮やかな色そのものが引き立つ無地の〝dop”と、蝶の刺繍が施された〝dop - choucho -”の展開予定。月日がたっても生地が廃れるのではなく、少しずつ隠れている色があらわれる ミナ ペルホネンの世界とたためる椅子のストーリーにご期待ください。

※商品詳細については、2019年2月上旬に、特設ウェブサイトにて発表いたします。

皆川氏が選んだ八ヶ岳にあわせたカラー。詳細は2月頃に発表です。


お問合せ先:(株)八ヶ岳高原ロッジ tel 03-3984-2219 担当:山口 k-yamaguchi@yatsugatake.co.jp