オーナーズライフ

そこに、ただある。だからこそ美しく、だからこそ豊かな八ヶ岳高原の大自然。都会とは異なる、時の流れに遊ぶ人たちの物語。
T様

ただここで、コーヒーを味わうために。

詳しくはこちら >
N様

八ヶ岳は、高原に憧れ山に
のめりこんだ、私の原点です。

詳しくはこちら >
U様

標高1,800mに基地をつくった、
トム・ソーヤ。

詳しくはこちら >
ただここで、コーヒーを味わうために。

お気に入りの風景を目の前に、テラスでくつろぐお二人。最近、ロッジのイベントで教わったご主人が、自ら焙煎するとびきりのコーヒーの香りが、森の中にただよっています。

この景色に一目惚れでした。

「いいでしょう、この眺め。これに一目惚れしたんです」。杣添地区らしい白樺林の中に建つ別荘を訪れると、リビングの大きな窓から広がる景色を眺めながら、T様がおっしゃいました。なるほど、そこに立つと鮮やかな黄色に色づいた白樺林の風景が、窓枠に切り取られて、さながら一幅の絵のよう。別荘の土地を探して、この場所に初めて立った時、一瞬で心を奪われたというお話にも合点がいきます。

森の中の隠れ家のような佇まいのT様邸。南向きのテラスの前に広がる木々の姿に一目惚れしてしまったという森の中の別荘です。

この家にはカーテンをかけたくなかったんです。

この窓にはもう一つこだわりがあって、どうしてもカーテンをかけたくなかったんです。それで私がいろいろ探しまわって、この格子戸を見つけて来て、「これをつけてください!」ってお願いしたんです。この家の色は、この建具に合わせて、設計士さんがコーディネートしてくださいました。シンプルでシックな外観の形や色も、「近くに来ないと気付かないくらい、森に馴染んだ家がいい」と思ってお願いしたんです。

リビングと森をつなぐ大きな窓の左側部分が、奥様が方々探して見つけた格子戸。カーテンをかけたくないという気持ちがわかります。

自分たち用の散策路を計画しています。

大好きな風景をいつまでも、というのが私たちの願いでした。というのは、その森の途中から先は隣の区画なんです。でも、巡り合わせで、その場所も手に入れることができました。そうして広くなった敷地の中には小川も流れているので、ぐるっと散歩ができるように、これから自分たち用の散策ルートを作ろうと計画しています。

ー居ながらにして森林浴ができますね。

はい、タローも私も早くお散歩をしたいと楽しみにしています。でも、いつできるのかしらね(笑)?

T様の別荘は、道路に接する西側の小高い場所に建てられ、東側の緩やかな斜面を下った所に小川が流れています。自分の敷地の中を散歩するなんて、楽しみですね。

雪のクリスマス・イブに生まれた私が、雪の音楽堂で結婚式をあげました。

ー別荘を建てられる前、自然郷で結婚式をあげられたそうですね?

はい、二人が「結婚式をあげよう」って決めた時、パっと情報誌を開いたら、ここのページだったんです。それまで私は八ヶ岳に来たことがなかったんですが、主人は山に登ったり、スキーをするので知っていて「いいところだよ」って。
見学に来てみたら、「本当に、自然が豊かでいいところだなぁ」と。
実は私、雪のクリスマス・イブに生まれたんですが、1月23日の結婚式でも、音楽堂での挙式を終え、ヒュッテでの披露宴の最中に、雪が降ってきたんです。「私らしいね」と兄がスピーチしてくれました。その後6、7年、結婚記念日は毎年ロッジで過ごしました。

ーすると、八ヶ岳に来るのは冬ばかり?

私たちは冬がスタンダードですから(笑)。

やっぱり冬が好きですね、静かですし。

2000年の1月の雪の日、結婚披露宴の会場となった思い出のヒュッテの前を愛犬と共に散歩するご夫妻。愛犬を「かすがい」とおっしゃらなくても、仲の良さは分かります。

披露宴の際、一人一人に向けたメッセージを書いたカードを抱いて、ゲストをお迎えしたぬいぐるみ。ご主人のゲストにはリボンを、奥様のゲストにはベールをと、奥様が手作りされたそう。

愛犬タローとの暮らしが、この場所へ導いてくれました。

ー結婚されて6、7年は、ということは、その後ブランクがあったんですか?

犬を飼うようになって、ロッジには泊まれないので、来れなくなってしまいました。私自身もアウトドアは好きなので、しばらくはキャンプに行っていたんですが、だんだんテントを張るのが億劫になって。「別荘だったらタローとも一緒にいられるし」と、別荘を探しはじめました。そこで、この景色に出会っちゃったんです。

自然郷は、自然が豊かということと、人がいなくて静かなのがいいです。ゆくゆくは、永住を考えているので、管理がしっかりしていることや、ホテルやドクターヘリのヘリポートがあることも安心です。

お二人が「鎹(かすがい)」とおっしゃる、オーストラリアンラブラドゥードルのタローちゃん(7才)。ラブラドールレトリーバーとプードル等を組み合わせて生まれた、アレルギーフレンドリーな新しい犬種。アレルギー体質の奥様の「犬が飼いたい」という思いを叶えるために、ご主人が世界中を探して、海外からやってきました。

何もない所で、何もしない休日。

ーこの別荘ではどんな時の過ごし方をされていますか?

月に1回くらいのペースで来ていますが、やっぱり、もっと来たくなりますね。でもこちらで何をするかといえば、昔のようにクロスカントリースキーや登山をしに来るということではなく、この本当に何もない所で、ただ何もしないで過ごしている感じです。自然の中で過ごすのが好きなので、アウトドア用の小さなガスバーナーを持って、美鈴池の畔でお湯を沸かして、コーヒー飲んで帰って来るとか。Vacationという言葉は、元々、何もない(Vacant)から来ているわけですから、何かイベントを入れちゃいけないんだと、個人的には思っています。

夫が仕事で先に帰った時は、私一人で、タロー(愛犬)の散歩だけして、あとはずっとこの堀リビングで本を読んでいます。ここに座ると、ちょうど目の前に暖炉の炎が見えて、その向こうに風景が見える。私のお気に入りの場所です。

広からず、狭からず、縁のクッションに腰掛けるもよし、下に座るもよし。堀リビングは家族で和む指定席のよう。

初めての冬が、本当に楽しみです。

ふと、リビングに漂いはじめた薪の燃えるほのかな香りに気づくと、ご主人が手際よく暖炉に火を入れてくださったところ。

ーこの4月に別荘を建てられて、まだ冬を過ごされていないのに、お上手ですね。

ここは高い場所なので、真夏以外の夜は冷えるんです。それで、夜ここに着くと、少しだけ暖炉に火を入れるんです。すぐ家全体が暖かくなって、あとはずっとそのまま。だから、もうだいぶ慣れましたよ。

ーいよいよ秋、そして冬ももう目の前。八ヶ岳は冬が1番と皆さんおっしゃいますね。

本当に冬をここで過ごすのが楽しみです!

堀リビングに座ると、ちょうどこんな感じに暖炉の炎が見えます。もうそこには、都会では得られない時が流れています。

片流れの大屋根と、シックな色合いが森に馴染んで建つT様邸。雪が積もる冬と、将来の永住を考えて、駐車場の屋根を玄関とつなげました。配水も蓄熱暖房を入れることで、水抜きせずに、いつでも水道が使えるようにしています。

別荘らしい勾配天井の吹き抜け上のスペースには本棚が。「今はまだ空いていますが、ここで1日中、本ばかり読んでいるから、あっという間に一杯になっちゃうと思います」と奥様。

リビングの一角を土間にして設置された暖炉、吹き抜けへ伸びる長い煙突は、熱を逃がさない工夫です。