小野リサ

ボサノバ・ナイト<二夜>

夏を彩る、心地よいボサノバ。
スペシャルゲストと素敵な名曲も。

2019年8月3日(土)・4日(日)
午後3時30分 開場/午後4時30分 開演

【共演(両日)】
フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)、
パトリック・ヌジェ(アコーディオン・フリューゲルフォン)

【プログラム】
<第一夜>
シャンソンボサノバ(Mas Que Nada、愛の讃歌 ほか)
<第二夜>
ジャズボサノバ(イパネマの娘、YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO ほか)

●小野リサ(ボーカル・ギター)Lisa Ono

1962年、ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。1989 年、アルバム『カトピリ』でデビュー。“ボサノバの神様”アントニオ・カルロス・ジョビンや、“ジャズ・サンバの巨匠”ジョアン・ドナートとの共演、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っている。99 年、アルバム「ドリーム」が20万枚を超えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4 度受賞。2013 年にブラジル政府からリオ・ブランコ国家勲章を授与されるなど、日本におけるボサノバの第一人者としての地位を不動のものとしている。今年デビュー30 周年を記念し、J-POP カバーアルバム第4 弾『旅 そして ふるさと』を3 月にリリースし、このアルバムを引っさげて30 周年の全国ツアー開催中。2019 年2 月27 日にはこのツアーファイナルとして、中野サンプラザホールでコンサート開催が決定している。 2018 年5 月には初のオーストラリアツアー、10 月から11 月にかけては初の北米(アメリカ・カナダ)ツアーを開催し、世界的に活躍。毎年年末年始には中国全国ツアーを開催しているが、2018 年から2019 年にかけての年末年始も、中国での全国コンサートツアー全15 公演を開催した。2019 年1 月DJ TARO が手掛けるノンストップ・カフェ・ミックスアルバム2 タイトル同時発売。 「ISLAND CAFE feat. Lisa Ono Ⅱ 」「LISA CAFE Ⅱ 〜Japão especial」2019 年3 月より「小野リサ コンサート2019〜Music Journey~」の全国ツアー を開催予定。

オフィシャルサイト http://onolisa.com/

●フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)Febian Reza Pane

東京生まれ。父はインドネシア人、母は日本人。東京藝術大学作曲科卒業。

1986~7年にかけて「海辺のサティ」他8枚のアルバム(ネオ・シック・シリーズ)およびソロ・ピアノによるクリスマス・ソング集をリリース、ピアニスト・編曲家として注目を集める。その後大貫妙子、小野リサ、川井郁子など多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加、 繊細かつ研ぎ澄まされた独特のピアノ・タッチと音色には定評がある。2003年に自己のレーベル「Amphibian」を立ち上げ、ソロ・ピアノによるアルバムを中心にリリース。また、川井郁子 at カーネギーホール2008、小野リサ・アジアツアー等、海外での演奏もたびたび行っている。

●パトリック・ヌジェ(アコーディオン・フリューゲルフォン)(予定)PATRIC NUGIER

7月17日パリ生まれ、フォンテンヌブローで育つ。4歳の時からクラシックピアノをはじめ、16歳で優秀賞を獲得。他にフルート、トランペット、アコーディオンなども習得。

1975年からCLUB MEDのシアターコーディネートになりフランス、スペイン、バハマ、グァドループなど、カリブ海や地中海の沿岸20ケ国を回りながらリゾートのプロとして手腕を発揮する。85年フランスのヴィッテルにあるリゾートホテルの支配人に就任。同時に自分のジャズ・バンドを率いてホテルのショーにも出演。余暇はスキューバダイビングやスキーを楽しみ、リゾートマインドの何たるかを熟知している。

1990年、日本を拠点に音楽活動を始める。キングレコードより「パリの休日」をリリース。以降リーダーアルバムは8枚を越える。そのキャラクターからCMの出演や作詞、歌唱も多く、KDD、ワインカフェ、エリオ等CMに出演。ドラマ「おいしい関係」のアルバムにアコーディオンで参加し、「ビストロスマップ」のテーマソングに使われていた。

2005年、初めて台詞があるお芝居に挑戦。青山円形劇場の「アラカルト」にゲスト出演。2007年「四季の庭」の音楽監督と奏者を務める。加藤和彦&坂崎幸之助のユニット「KAZUKOH」のコンサートで「イムジン河」をフランス語で歌い、好評を博す。NHKホールでのパリ祭コンサートには毎年レギュラー出演をしている。2015年福島にて「フランス音楽とシャンソンの歴史」のフォーラムに出演。2016年2月 高泉淳子の書き下ろし”ピアフが残した愛の言葉”リーディングライブを開催。女性歌手AnneLiseをフランスから招き共演。2016年は「ミラボー橋」をロックアレンジで歌い好評を博す。

オフィシャルサイト http://www.patricknugier.com/profile.html

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131