【重要:公演延期のお知らせ(3月5日発表)】 

本公演は、政府からの「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのスポーツ・文化イベントの開催自粛要請」を受け、公演延期を決定いたしました。

詳しくは、音楽堂トップページの【重要】公演の延期と中止についてのお知らせ をご確認くださいますようお願い申し上げます。なお、新たな公演日につきましては、追って「八ヶ岳高原ロッジ ホームページ」にて発表いたします。

皆さまには、たいへんご迷惑とお手数をおかけいたしますが、何とぞご理解賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

大黒摩季

八ヶ岳スペシャル2020

音楽堂に高らかに響き渡る
究極のアコースティックライブ。

詳細は後日発表いたします。

2020年3月20日(金・祝)・21日(土)
午後3時30分 開場/午後4時30分 開演

●大黒摩季(ヴォーカル)Maki Ohguro

札幌市・藤女子高等学校を卒業後、アーティストを目指して上京。スタジオ・コーラスや作家活動を経て、1992年「 STOP MOTION」でデビュー。
2作目のシングル「DA・KA・RA」を始め「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放ち、1995年にリリースしたベストアルバム「BACK BEATs #1」は300万枚を超えるセールスを記録する。TV出演やLIVEも行わなかったことから、大黒摩季4CGで存在しないなどの都市伝説があった中、
1997年の初ライブでは有明のレインボースクエアに47,000人を動員し、その存在を確固たるものにする。その後も毎年全国ツアーを継続し、精力的に活動するも
2010年病気治療のためアーティスト活動を休業する。その間、地元・北海道の長沼中学校に校歌を寄贈、東日本大震災により被災した須賀川小学校への応援歌・歌詞寄贈、東日本大震災・熊本地震への復興支援など社会貢献活動のみ行っていたが、昨年よりDISH//、TUBE、郷ひろみなどの作詞提供をはじめクリエイティブ活動を再開。
アトランタ・オリンピックや「ゆうあいピック北海道大会」のテーマソング、アテネ・オリンピックの女子ホッケー・チームのサポートソング、そして2015年には再生に向けたスカイマーク・エアラインに応援歌を提供するなど「応援ソング」には定評がある。
2016年8月、ライジングサン・ロックフェスティバルでの出演を皮切りに、故郷である北海道からアーティスト活動を再開。

オフィシャルサイト https://maki-ohguro.com/

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131