商品概要たためる椅子×ミナ ペルホネン スペシャルエディション

¥130,000(税別)

・色(全9色)

“dop”(無地)

“dop -choucho-”(柄あり)

・Designer:吉村順三、中村好文、丸谷芳正

・サイズ:w575 d560 h700 sh360mm
※折りたたみ時 w595 d115 h805mm

・Material:

【張り地】ミナ ペルホネン“dop”、または“dop -choucho-”
ポリエステル/コットン
※“dop”のストーリーはこちら。(2019/05/10UP)

【本体】吉野杉
※吉野杉のストーリーはこちら。(2019/05/10UP)

【木製ヒンジ・座受】カシ

「たためる椅子」は、1988年に、日本モダン建築の巨匠・吉村順三、建築家・中村好文、家具デザイナー・丸谷芳正の共同ワークにより設計された椅子で、八ヶ岳高原音楽堂の客席椅子でもあります。
その椅子が、音楽堂開館30周年を記念し、デザイナーの皆川明氏が率いるミナ ペルホネンのテキスタイルと出会ったのが、今回のスペシャルエディションです。
張り地が、ミナ ペルホネン “dop” 、 “dop” -chou-cho-の生地になります。
色は、皆川明氏が八ヶ岳にインスピレーションを受けて選らんだ計9色から選ぶことができます。
“dop” は、異なる二色の裏表で成り、年月とともに、その生地は廃れることなく、少しずつ、裏地が見えてきて、一層味わい深く変化する稀有な生地です。(※裏面の色は、ご購入時は見えません。)

本体は、スペシャルエディションに限り、軽く、手触りが心地よい吉野杉を使用しています。

ストーリー
2019/04/01 ミナ ペルホネン 皆川明さんと吉村順三
2019/04/01 たためる椅子誕生の秘話
2019/05/10 コラボバージョンは、吉野杉でつくりました。
2019/05/31 ミナ ペルホネンの生地“dop”はどんな生地?
2019/05/31 なぜか、自然ワインの第一人者、 岡本英史さんに椅子について聞く。
2019/05/10 たためる椅子のある風景
2019/05/31 お手入れ