建築家に訊く

ストゥディオ・バッフィ

濵田徹三

  • 1970年、法政大学工学部建築工学科卒業。
  • 1969〜1978年、竹山実建築綜合研究所所属。
  • 1978年、濵田徹三+ストゥディオ・バッフィ設立。
  • 1984年、ストゥディオ・バッフィ設立。

自然郷で100棟以上、別荘建築を1番多く手がけられているそうですが、別荘ならではの考え方はありますか?

奇抜なものや新建材はダメですが、特別なスタイルは持たないことにしています。全て白紙から作ることが大切で、まずオーナーさまの夢や希望を細かく伺い、何案かのプランを用意してそれをタタキ台に具体化していきます。

濵田徹三
別荘生活の現実を知りながら夢を形にした建物はオーナーと共に良い年を重ねて行きます。

その過程はどんな感じですか?

最初は多くの方が、今の生活とかけ離れた夢を語られますが、実際の別荘生活というのは80〜90%が日常生活の延長です。別荘でも料理や家事をする訳ですし、実際にオーナーになれば経済的な負担も増えます。そのあたりを確認しながら、お客さまと別荘づくりの楽しみも苦しみも一緒に共有しながらつくると、愛着をもって住み続けられる素晴らしい別荘になります。現実を受け入れず、ただ夢を形にしただけでは、入居してすぐは頻繁に来ていても3年ほどで次第に来なくなってしまいますね。

では、別荘を建てる場所として、自然郷の環境はどうでしょう?

最高の別荘地だと思います。私が初めて自然郷に出会ったのは1984年ですが、その時、側溝に落ちた小動物などを助ける「助かり枡」があるのを見て、やさしい別荘地だなと思いました。だからでしょうか、自然が素晴らしい。別荘地の中を散歩するだけでも健康になる気がします。1週ごとに低い所から高い所へと場所を移しながら咲く花の美しさや、雪のシーズンの静けさなど、四季の美しさは見事です。とにかくここで自然と対話して欲しい。空気も水も澄んでいるのでお酒もタバコもおいしいですよ。

側溝に落ちた小動物が自力で脱出できるようにした助かり枡。

音楽堂もいいですね、冬景色を見ながらのコンサートなんて最高です。あとは生活臭がないことや、アプローチが1本の道しかないので他所者が入ってこないことでしょうか。たまに別荘地の相談を受けた時はおすすめしていますが、ほとんど人に知られていませんね、これは良いことなのかな(笑)?

CASE STUDY

親子2代で自然郷に親しむ暮らし

この2棟の別荘のオーナーさまは親子です。上の写真の緩やかな傾斜地に建つ別荘が、94才になられた今も、自らの愛車を駆って自然郷に通われているお父さまの別荘。お嬢さまは小さな頃から家族でこの場所を訪れ、広々としたテラスを遊び場に自然の中でのびのびと過ごされたのでしょう。やがて自然郷に魅せられて、自分のための別荘をお父さまの別荘の近くに建てられました。エントランスの車寄せやテラスの上にかかる印象的な大屋根は、ここの生活を知っているからこその実用的なデザインです。また、お嬢さまは乗馬が趣味で、別荘にはさりげなく馬のモチーフが配されています。

緩やかな傾斜地の眺望を楽しむために、居室を横一列に並べ、建物の前面いっぱいのテラスを設えました。
シャープなデザインでありながら、さりげなく自然に馴染んでいます。
乗馬が趣味のオーナーらしいエントランスの階段手すり。

別荘の購入をご検討のお客様は

資料のご請求

別荘情報や自然郷の詳しい資料をお届けいたします。

別荘見学ご優待プラン

「八ヶ岳高原ロッジ」ご宿泊ご優待プランを用意しております。

池袋・横浜情報サロン

ゆったりと落ち着いたスペースで自然郷をご案内いたします。

お問い合わせは(株)八ヶ岳高原ロッジ別荘事業部まで

フリーダイヤル0120-50-2522

(営業時間/9:15〜17:30、年中無休)

八ヶ岳高原海の口自然郷 西武・そごうの別荘地

ご宿泊やコンサート、ウエディングまで、上質なリゾートライフをご満喫ください。