八ヶ岳高原海の口自然郷60周年/八ヶ岳高原音楽堂35周年

信州産プレミアムカラマツから作られる
音楽堂のたためる椅子 35周年記念モデル

八ヶ岳カラマツプロジェクト 八ヶ岳カラマツプロジェクト

「たためる椅子」は、日本を代表する建築家の一人で、八ヶ岳高原音楽堂を設計した吉村順三(一九〇八 - 一九九七)が発案した折りたたみ椅子の傑作で、八ヶ岳高原音楽堂の客席としてデザインされました。

長野県産の樹齢八十年以上の人工林から出材された良質な大径材丸太「信州プレミアムカラマツ」に、ウィリアム・モリスによる張地で作られる、八ヶ岳高原音楽堂 開館三十五周年記念モデルが誕生しました。

Detail

製作  :丸谷芳正(たためる椅子デザイナー 設計工房 MandM代表)

フレーム:信州プレミアムカラマツ(長野県産の林齢80年生以上の高齢級カラマツ人工林から出材された径級30cm以上の良質な大径材丸太。)

生地  :ウィリアムモリス フルーツベルベット(素材:コットン88% ポリエステル12%)

カラー :ブルー、レッド、ブラウン、グリーン 4色

価格  :148,500円(税込)※送料別途

お申し込みはこちら

※予定台数が終了次第、受付を終了させていただきます。
※お電話では承れません。