建築家に訊く

川名・環境計画アトリエ

川名俊郎

  • 1979年、工学院大学大学院修士課程建築学専攻終了。
  • 1979〜1988年、曽根幸一+環境設計研究所。
  • 1988〜1994年、西武百貨店商品本部住関連事業部。
  • 1994年11月、川名・環境計画アトリエ設立。

元は西武百貨店にいらっしゃって、自然郷の別荘づくりをされたとか?

1990年代、この自然郷の事業主である西武百貨店の社員として、自然郷の価値に相応しい23棟の山荘を企画するプロジェクトをプロデュースしました。現地に何度も足を運んで考え、「自然の力を活かして、年に数日〜数十日のここで過ごす時間を、到着した時からいつでも快適にする」という基本コンセプトを決め、パッシブソーラーの別荘を提案しました。

パッシブソーラーとは?

屋根や壁にあたる太陽光の熱を建物内に取り込み、壁や床に蓄熱しながら熱を放射し補助暖房に利用したり、風の流れを作り出すことで建物内の換気にも利用するシステムです。不在の間も建物自身が換気するので空気がこもらず、久しぶりに別荘を訪れた時も爽やかで、結露やカビも防げるので建物の寿命も長くなる、人にも建物にもやさしい健康住宅です。

窓枠で切り取られた景色が1枚の絵画に
窓を並ぶ壁は、そのままギャラリーのよう

デザイン的にはいかがでしたか?

八ヶ岳やあの圧倒的なカラマツ林、とにかく素晴らしい自然の景観をいかに活かすかです。

建築家として独立されてからはいかがですか?

同じです。この地を選ばれる方は自然の良さをご存知の方ばかりですから、デザインや機能、素材にもこだわられます。建築家は一人ひとりのオーナーさまの希望を伺いながら、自然郷のもつ良さを引き出す別荘をいかに形にするかですね。他の別荘地だと、ハウスメーカーさんがつくる都会でも見かけるような家をご希望される方もいらっしゃるようですが、そんなお仕着せのデザインでは余りにもったいないと思います。たとえば、自然郷では壁に開けた窓一つが既に絵画になるんです。そんな窓が並んでいたら、もう名画を並べたギャラリーですよね。

別荘地としての自然郷の良さは?

ただ売っているだけでなく、管理事務所があってバックアップ体制がしっかりしていることですね。別荘ライフのメニューも充実して、安心して長く別荘ライフが楽しめるのは大切なことだと思います。

CASE STUDY

大きな吹抜けとロフトのある山の家

この別荘のオーナーさまは自宅も天然木を使うなど、自然にこだわった方で、お気に入りのダケカンバの木を眺めるために、ベストな距離を計って別荘を建てる場所を決めています。窓に切り取られた景色を楽しむために色々とこだわり、吹抜けにある1階のウッドデッキも、リビングの窓ごしに景色を楽しめます。またロフトの勾配天井にも天窓をつけ、座ったり寝ころんだりしながら流れる雲や星を眺められます。奥さまのこだわりの赤い色が鮮やかなアイランドキッチンは、ダイニングをはさんでテラスの正面に設えて、家事をしながら外の風景を楽しむことができます。

お気に入りの木が1番よく見える場所に、別荘を建てています。
吹抜けの踊り場からも景色が楽しめ、ロフトの天窓からは星が眺められます。
テラスに面した大きな掃き出し窓の正面に、奥さまこだわりの赤いキッチンが。

別荘の購入をご検討のお客様は

資料のご請求

別荘情報や自然郷の詳しい資料をお届けいたします。

別荘見学ご優待プラン

「八ヶ岳高原ロッジ」ご宿泊ご優待プランを用意しております。

池袋・横浜情報サロン

ゆったりと落ち着いたスペースで自然郷をご案内いたします。

お問い合わせは(株)八ヶ岳高原ロッジ別荘事業部まで

フリーダイヤル0120-50-2522

(営業時間/9:15〜17:30、年中無休)

八ヶ岳高原海の口自然郷 西武・そごうの別荘地

ご宿泊やコンサート、ウエディングまで、上質なリゾートライフをご満喫ください。