リゾートホテル 八ヶ岳高原ロッジ

電話:0267-98-2131

お問い合わせ

アクセス

サイトマップ

日本語

/

English

音楽堂の概要


高原の山々になじむ美しい六角形。暖かい木のぬくもり。「世界でも通用するような建物を」というリヒテルの助言が生きた八ヶ岳高原音楽堂。自然と環境に調和した美しい建築物として「'89年毎日芸術賞」「'89年東京クリエイション大賞環境賞」を受賞しました。音響面では主に室内楽の演奏を想定し、理論に基づく実験と人の耳による確認を繰り返してついに小ホールとして理想的な残響1.6秒を得ました。木のホールならではの耳に心地よい柔らかで自然な響き、音楽のすべての魅力をあますところなくお届けします。

開演前の、期待が徐々に高まってゆくひととき。コンサートが終了した後の、心地よい余韻に包まれたひととき。ホールに隣接するホワイエで過ごすひとときは、音楽と人とのふれあい、人と人とのふれあいを、より豊かなものにするでしょう。大きな窓ガラスを隔てた外には、裸の大自然が。素晴らしい音楽の興奮と美しい自然の静寂。このコントラストから、都会のコンサートホールでは味わえない深い印象が、胸に刻まれます。

音楽堂データ

名称

八ヶ岳高原音楽堂

所在地

長野県南佐久郡南牧村大字海の口

施設

ホール、ホワイエ、クローク、楽屋A・B、演奏者控室、調整室、録音室、パントリー、管理室、化粧室、機械室

敷地面積

6,500.00m2

建築面積

1,167.42m2

延床面積

1,275.58m2

ホール面積

418m2(回廊含む)

最大収容人数

250名(ホール)

ホワイエ面積

418m2(回廊含む)

構造・規模

木・RC混構造 地上1階・地下1階

屋根

鋼板・段葺き

外壁

RC打放(スギ板型枠)

外回り建具

木製建具

主な使用樹種

カラマツ、米マツ、チーク、ツガ(約158.3m3)

設計

吉村順三設計事務所(建築)
大澤構造設計事務所(構造)
建築設備研究所(設備)
ヤマハ(株)音響研究所(音響)

施工

北野建設(建築)
ダイダン(設備)

アドバイザー

スヴャトスラフ・リヒテル(ピアニスト)
武満 徹(作曲家)