リゾートホテル 八ヶ岳高原ロッジ

電話:0267-98-2131

お問い合わせ

アクセス

サイトマップ

日本語

/

English

石丸幹二×つのだたかし 

リュートとつむぐ歌と詩の世界

[ 石丸幹二 / つのだたかし ]

声の求道者とリュートの第一人者
時代を超えて語りかける、静謐な歌と詩の世界。

宿泊プラン 予約受付開始 7月2日(日) 午後1時
コンサートのみ 予約受付開始 7月9日(日) 午後1時
※本公演の予約受付は電話予約 0267-98-2131 のみで承ります。

2017年9月18日(月・祝)
午後3時30分 開場/午後4時30分 開演

 

【出演】
石丸幹二(歌/朗読)
つのだたかし(リュート)
角田隆太(ベース/編曲)

 

【プログラム】
武満徹:翼、ダウランド:涙のパヴァーヌ
ほか

 

タケミツメモリアルシリーズ

武満徹が愛し、その理想をかなえた八ヶ岳高原音楽堂が、開館30周年の節目に開始する「タケミツメモリアルシリーズ」は、単にその作品を上演するのではなく、武満氏が導いた縁、または「タケミツ」というキーワードに、様々なフィールドで第一線を歩む音楽家たちが集います。
シャンソンに刺激され作曲を始め、ジャズやポップス、映画音楽にも深い愛情を注いだ武満徹が残したものは、その偉大な作品群だけではありません。広い交友関係に象徴される、ジャンルの垣根を超えた音楽への眼差しこそ、音楽の理想像として、現代の音楽家たちに受け継がれているように思えてなりません。
様々なジャンルの音楽家に受け継がれる武満徹の普遍性をたどり、新たな時代を見つめます。


※お席は当日ホール受付にて抽選となります。
※就学前のお子様のコンサートへのご同伴・ご入場は、遠慮くださいませ。
※曲目が変更される場合がございます。ご了承ください。

プロフィール

●石丸幹二(歌/朗読) Kanji Ishimaru

東京音楽大学でサックス、東京藝術大学で声楽を学ぶ。1990 年、ミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)のラウル子爵役でデビュー、現在までミュージカル界をけん引する俳優として、『美女と野獣』、『ウエストサイド物語』、『壁抜け男』、『ジキル&ハイド』、『キャバレー』、『パレード』などに主演する。

音楽活動は、ソロアルバム「My Musical Life」「Love Songs」等のほか、リュート奏者つのだたかしとの「武満徹のうた」、NHK「みんなのうた」の「かいじん百面相」をリリース、映画「サウンド・オブ・ミュージック」製作50 周年記念盤ではトラップ大佐役を吹替えた。

大ホールでのオーケストラコンサートからジャズ・クラブでのライブまで多彩にコンサートを展開する一方で、テレビでは、テレビ朝日「題名のない音楽会」の司会を初め、NHK「うたコン」、フジテレビ「ミュージック・フェア」など、大人が楽しめる音楽番組に多数出演。クラシック音楽とは「朗読」で関わることが多く、ストラヴィンスキー「兵士の物語」では、サイトウ・キネン・フェスティバルや宮崎国際音楽祭等に出演する。ストラヴィンスキー指揮盤「兵士の物語」に新たに日本語朗読を収録、さらには、東京フィルハーモニー交響楽団のグリーグ/劇付随音楽「ペール・ギュント」(指揮・ミハイル・プレトニョフ)で全編をひとりで朗読するなど、声の表現の多様性を探っている。

 

●つのだたかし(リュート) Takashi Tsunoda

ルネサンスからバロックの時代に愛された撥弦楽器リュートの演奏家。歌曲の伴奏者としても内外の名歌手から深い信望を得て国内外で数多くのコンサートを行っている。ドイツ国立ケルン音楽大学リュート科を卒業。ジャンルを超えた古楽器バンド《タブラトゥーラ》《アンサンブル・エクレジア》を主宰。モンテヴェルディのオペラ「オルフェーオ」、シェイクスピアの舞台「十二夜」(Bunkamura)、フランス中世の歌物語「オーカッサンとニコレット」(劇団NLT)などの舞台作品、「花よりもなほ」(是枝裕和監督)など映画の音楽も手がける。古楽CDプライベートレーベルのさきがけとなった『パルドン』をプロデュースして「リュート」「悲しみよとどまれ〜ダウランド・リュートソング集」「サリー・ガーデン」「美しいフランスの歌」など、16-17世紀の声楽曲を中心にCD作品を多数発表。古楽の新しい楽しみを発信し続け、ジャンルを越えた幅広い聴衆から支持を受けている。2016年、俳優・歌手の石丸幹二とリュート伴奏による「武満徹のうた」をリリース。

 

●角田隆太(ベース/編曲) Ryuta Tsunoda 

1987年生まれ。クラシックギター、エレキベースを経て、明治大学のビッグバンドでベースを担当。在学中からさまざまなアーティストのサポートを始める。2011年、自ら作詞作編曲を手がけるポップスユニット「ものんくる」をヴォーカルの吉田沙良と結成。13年に1stアルバム『飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち』を菊地成孔プロデュースのもとにリリース、14年『南へ』でソニーよりメジャーデビュー、同年Jazz Japan Disc Award 新人賞受賞。17年夏、ニューアルバムをリリース予定。現在は「ものんくる」を中心に、ジャズ、ポップスのシーンで活動中。CD「武満徹のうた」では編曲を担当。

料金

■ コンサートのみ:10,200円(税込)

※お席は当日ホール受付にて抽選となります。

■ 八ヶ岳高原ロッジご宿泊セットプラン

お好きな客室をお選びいただけるコンサートつき宿泊プランをご用意しております。
コンサートの余韻を楽しみながら、八ヶ岳高原ロッジでごゆっくりとおくつろぎください。

9/18(月・祝)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
スタンダードA 43,500円 32,200円 -
スタンダードB 47,900円 34,400円 31,600円
スタンダードC 55,100円 38,000円 34,000円
デラックス 59,100円 40,000円 35,300円
ジュニアスイートルーム 77,100円 49,000円 41,300円
スイートルーム 109,000円 64,900円 52,000円

(コンサートチケット+ブッフェディナー +ご宿泊・ご朝食、サービス料・消費税込)

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。
 また、4名さままでご利用可能のお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。
※予約確認書を1カ月前に送付しますので、内容をご確認ください。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできませんので、ご了承ください。
※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。→ 宿泊プランはこちら。

コンサートの後は楽しい着席ブッフェディナー
ご宿泊セットプランのご夕食は、明るい雰囲気のレストラン「花暦」での着席ブッフェスタイルです。 (フリードリンク)。 お席は予約されたグループごとに抽選とさせていただきます。テーブルによりましてはご相席となることがございます。

音楽堂までは送迎バスをご利用いただけます
ロッジから音楽堂までは、開演1時間前より、また終演後に運行する送迎バスをご利用ください。


お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ 電話:0267-98-2131

このページ最上部へ