辻井伸行・三浦文彰&フレンズ

八ヶ岳室内楽フェスティバル

クラシック新時代のスターが一堂に。
彩に華やぐ八ヶ岳の秋の祭典。

2019年10月13日(日)・14日(月・祝)
午後3時00分 開場/午後4時00分 開演

【ランチタイム&ロビーコンサート】
ランチタイムコンサート(八ヶ岳高原音楽堂):正午~午後12時45分
ロビーコンサート(八ヶ岳高原ロッジ):午後2時00分~午後2時30分

応募受付を終了いたしました。
ご応募いただき、ありがとうございました。
当選者への、7月末ころの予約確認書(兼振込書)の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
※ホームページ上でお申し込みされたお客様にはメールにて案内させていただきます。

辻井伸行・三浦文彰&フレンズ 八ヶ岳室内楽フェスティバル
追加受付のお知らせ。

一次募集及び関係者席調整の結果、 若干数のお部屋とお席がご用意できましたので以下の通り追加受付を実施いたします。

予約受付開始日:2019年9月7日(土)午前10時より
受付方法:電話受付
電話番号:0267-98-2131 八ヶ岳高原ロッジ   

※おかけ間違いの無いよう、発信の際には今一度番号をご確認下さい
※残室・残席は僅かなため、満室・満席の際はご容赦ください
※コンサートチケットは予約時点でのお買い上げとなります、キャンセルは出来ませんのであらかじめご了承ください。
※当日の予約受付状況を、当ホームページのトップページにて随時更新いたしますのでご参照ください。

【メインコンサート】

時間:午後3時00分 開場/午後4時00分 開演 (約2時間)

会場:八ヶ岳高原音楽堂 <座席抽選>

出演:辻井伸行(ピアノ)、三浦文彰(ヴァイオリン)、 荒井里桜(ヴァイオリン)、 横溝耕一(ヴィオラ)、ヨナタン・ローゼマン(チェロ)、 加藤雄太(コントラバス)

曲目:〈1日目〉辻井伸行ソロ/フランク:ヴァイオリン・ソナタ/ ショパン:ピアノ協奏曲 第2番(室内楽版) ほか
〈2日目〉辻井伸行ソロ/ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番/シューマン:ピアノ五重奏曲 ほか

※曲目・内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【ランチタイムコンサート】

ご入場には、各日、当日のメインコンサートのチケットが必要です。音楽堂受付でチケットを提示ください。

※13日のメインコンサートにご参加のお客さまは13日のランチタイムコンサート、
 14日のメインコンサートにご参加のお客さまは14日のランチタイムコンサートにご入場いただけます。

時間:正午~午後12時45分(約45分)

会場:八ヶ岳高原音楽堂 <自由席>

出演:三浦舞夏(ピアノ)、城戸かれん(ヴァイオリン)、矢部優典(チェロ)

※30分前より開場いたします。
※ランチタイムコンサートに食事はついておりません。
 尚、お食事につきましては、八ヶ岳高原ロッジ レストラン「花暦」(11:30~14:00L.O.)が営業しておりますが、
 ランチ営業はご来店順のご案内となり、ご予約はお受けしておりませんのでご了承ください。

【ロビーコンサート】

どなたでもお聴きいただけますが、スペースが限られますので、ご入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

時間:午後2時00分~午後2時30分(約30分) ※30分前よりお座席にご案内いたします。

会場:八ヶ岳高原ロッジ <自由席>

出演:城戸かれん(ヴァイオリン)、矢部優典(チェロ)

※30分前よりお座席へのご案内を開始する予定です。

■チケット料金:18,000

■チケット取扱い: セブンチケット【10月14日(月・祝)公演】
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートのお席は、当日ホール受付にて、ご予約されたグループごとの抽選となります。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※就学前のお子様のコンサートへの御同伴・ご入場は、遠慮ください。

敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
●コンサートチケット ● ブッフェディナー ● ご宿泊 ● ご朝食 ● サービス料・消費税

料金表

ルームタイプの名称が一部変更になりました。

10/13(日)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル(旧スタンダードA) 68,900円 49,300円 -
南館スタンダード(旧スタンダードB) 44,500円
北館スーペリア(旧スタンダードC) 85,000円 57,300円 49,800円
中央館デラックス(旧デラックス)
中央館ジュニアスイートルーム
(旧ジュニアスイートルーム)
111,200円 70,400円 58,500円
中央館スイートルーム
(旧スイートルーム)
165,700円 97,700円 76,700円
ロイヤルスイートルーム 179,300円 104,400円 -
10/14(月・祝)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル(旧スタンダードA) 68,900円 49,300円 -
南館スタンダード(旧スタンダードB) 44,500円
北館スーペリア(旧スタンダードC) 85,000円 57,300円 49,800円
中央館デラックス(旧デラックス)
中央館ジュニアスイートルーム
(旧ジュニアスイートルーム)
111,200円 70,400円 58,500円
中央館スイートルーム
(旧スイートルーム)
165,700円 97,700円 76,700円
ロイヤルスイートルーム 179,300円 104,400円 -

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また、4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※上記の料金はお1人様料金です。

コンサートの後は楽しい着席ブッフェディナー

ご宿泊セットプランのご夕食は、明るい雰囲気のレストラン「花暦」での着席ブッフェスタイルです。
約40種類のオードブルからデザートまで、フリードリンクでお楽しみいただけます。

※レストランのお席は、当日レストランにてご予約されたグループごとの抽選となります。テーブルによりましては、相席となる場合がございます。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●辻井伸行 (ピアノ)Nobuyuki Tsujii

2009年6月に米国テキサス州フォートワースで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。11年はカーネギーホールの招聘でリサイタル、12年はアシュケナージの指揮でロンドン・デビュー、ゲルギエフの指揮でサンクトペテルブルクにデビュー。13年にはイギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」に出演し「歴史的成功」と称賛された。14年にはゲルギエフ指揮でミラノ・デビュー。同年ルーヴル美術館でのリサイタルは世界へインターネット中継された。15年には佐渡裕指揮でウィーン・デビュー、ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルとドイツ及び日本で共演。16年はM.ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルとのドイツ・ツアー、ロンドンでのリサイタル・デビュー、アシュケナージ指揮でのシドニー・デビュー。17年はアシュケナージ指揮でベルリン・ドイツ響にデビュー、ユロフスキ指揮ロンドン・フィルと日本ツアー、パリのシャンゼリゼ劇場でのリサイタルが絶賛され、18年はゲルギエフやアシュケナージとの共演など世界的アーティストとの共演を数多く行った。19年はロンドンのインターナショナル・ピアノ・シリーズやカーネギーホール主催のピアノ・リサイタル・シリーズへ出演し驚異的な成功を収め、今後も、ゲルギエフ、ケント・ナガノなどの一流指揮者との共演や国内外でのツアーが多数予定されている。
07年よりエイベックス・クラシックスより継続的にCDを発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても注目され、映画《神様のカルテ》で第21回日本映画批評家大賞を受賞。
09年、文化庁長官表彰(国際芸術部門)。10年、第11回ホテルオークラ音楽賞及び第1回岩谷時子賞受賞。13年、第39回日本ショパン協会賞受賞。

オフィシャル・サイト http://www.nobupiano1988.com/

●三浦文彰(ヴァイオリン)Fumiaki Miura

2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に一躍脚光を浴びた。3歳よりヴァイオリンを始め、安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。すでに国内外で主要オーケストラと共演し、リサイタルでもパリやロンドンでデビューを飾っている。17年には、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの日本ツアーを行う。18年は、リサイタル・ツアー、ロイヤル・リヴァプール・フィルとの日本ツアーを行う。また、ロンドンでズーカーマン指揮ロイヤル・フィルと、サンクトペテルブルクの白夜祭でゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演して大成功をおさめ、破竹の勢いで国際的な活動を展開。18年10月からスタートしたサントリーホールARKクラシックスのアーティスティック・リーダーに就任。19年はオルフェウス室内管弦楽団との日本ツアーを予定。NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽を演奏したことやTBS系「情熱大陸」への出演も大きな話題となった。CDはエイベックス・クラシックスよりリリース。2009年度第20回出光音楽賞受賞。使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"

●荒井里桜(ヴァイオリン)Rio Arai

2018年10月、第87回日本音楽コンクールで第1位に輝く。

1999年東京都出身。5歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て現在、東京藝術大学2年在学中。

第68回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第1位。2015年台湾2都市にて台湾日本国際交流演奏会に出演。2014年イギリスにてLake District Music Academyに参加。第24回日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会第2位(最高位)。第21回KOBE国際音楽コンクール第1位及び神戸市長賞。第17回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門age-H第1位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017ユース部門第1位。第15回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞。他数々のコンクールで入賞。

東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。藝大内にて福島賞受賞。東京、名古屋にてソロリサイタル開催。NHK FM「リサイタルノヴァ」出演。第11回ミュージック・アカデミーinみやざき2018にて優秀賞受賞、第23回宮崎国際音楽祭出演。他数々の演奏会に出演。

これまでにジェラール・プーレ、澤和樹の各氏に師事。現在、山崎貴子、玉井菜採の両氏に師事。平成29年度東京藝術大学宗次徳二特待奨学生。

●横溝耕一(ヴィオラ)Koichi Yokomizo

1999年東京都出身。
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て現在、東京藝術大学3年在学中、及び平成29年度東京藝術大学宗次徳二特待奨学生。
第68回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第1位。台湾2都市にて台湾日本国際交流演奏会に出演。ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクールユース部門第1位。第15回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞。第87回日本音楽コンクールバイオリン部門第1位、併せてレウカディア賞・鷲見賞・黒柳賞を受賞。東京藝術大学内にて、福島賞を受賞。第11回ミュージック・アカデミーinみやざき2018にて優秀賞受賞。ミュージック・アカデミーinいしかわ2018にてIMA音楽賞を受賞。第12回ミュージック・アカデミーinみやざき2019にて優秀賞・音楽監督賞を受賞。
東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、セントラル愛知交響楽団と共演。
NHK FM「リサイタルノヴァ」出演。第75回飯野ビルディングランチタイムコンサートに出演。第386回ホテルオークラロビーコンサートに出演。
これまでにジェラール・プーレ、永峰高志、澤和樹、山崎貴子の各氏に師事。現在、堀正文、玉井菜採の両氏に師事。
使用楽器は、財団法人ITOHより貸与されているJ.B.Guadagnini1779年製

●ヨナタン・ローゼマン(チェロ)Jonathan Roozeman

1997年生まれ。2013年パウロおよびガスパール・カサド両国際チェロ・コンクール特別賞受賞。15年チャイコフスキー国際コンクール第6位入賞。これまでにマリインスキー歌劇場管、サンクトペテルブルク・フィル、モスクワ・ヴィルトゥオージ、フィンランド放送響と、指揮者ではワレリー・ゲルギエフ、サカリ・オラモ、ユッカ=ペッカ・サラステ、オッコ・カムらと共演。14年にはオリ・ムストネンのチェロ・ソナタを作曲家自身のピアノで初演、17年にはヘルシンキ、ストックホルム、ニューヨークでエサ=ペッカ・サロネンの“Mania”を演奏した。

●加藤雄太(コントラバス)Yuta Kato

桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。タングルウッド音楽祭、小澤征爾音楽塾、サイトウ・キネン・フェスティバル松本等に参加。東京・春・音楽祭、霧島国際音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ、ラヴェンナ音楽祭、鎌倉芸術館ゾリステン、紀尾井シンフォニエッタ東京等、多数出演。東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ、千葉交響楽団等に首席奏者として客演している。これまでにコントラバスを都筑道子、西田直文、河原泰則の各氏に師事。

●三浦舞夏(ピアノ)Maika Miura

3歳よりピアノを始め、徳永まさみ氏に師事。
第66回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会奨励賞。第15回ショパン国際コンクール in ASIA 高校生部門アジア大会金賞。第3回、第7回、第9回ミュージック・アカデミー in みやざき優秀賞受賞。学内成績優秀者によるスチューデントコンサート及び室内楽演奏会、高校卒業演奏会、大学ピアノ専攻卒業演奏会等に出演。銀座山野楽器音大フェスティバル、宮崎国際音楽祭、ヤマハ銀座サロンジョイントコンサート、三鷹市芸術文化センター若い芽のコンサート、調布の風コンサート、日本工業倶楽部ファミリーコンサート等、多数のソロリサイタルや室内楽コンサートに出演。これまでに伊藤恵、江口玲、児玉桃、横山幸雄、パスカル・ドゥヴァイヨン、オリヴィエ・ギャルドン、ジャン=クロード・ペヌティエ、マリア・ジョアン・ピリス各氏のマスタークラスやレッスンを受講。室内楽を徳永二男、練木繁夫、三上桂子、三輪郁、毛利伯郎、山崎伸子、エマニュエル・ジラールの各氏に師事。 桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、2019年桐朋学園大学音楽学部卒業。現在、三上桂子、練木繁夫、本村久子の各氏に師事。

●城戸かれん(ヴァイオリン)Karen Kido

1994年、東京生まれ。
4歳よりヴァイオリンをはじめ、全日本学生音楽コンクール、ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール(ミラノ)第1位、ジョルジュ・エネスコ国際コンクール(ブカレスト)にて特別賞を受賞。2010年、第14回松方ホール音楽賞、第79回日本音楽コンクール第2位を受賞。2016年、デンマークにて開催されたカール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクールにおいて第4位に入賞する。宮崎国際音楽祭、東京・春・音楽祭、Chanel Pygmalion Daysなどに出演するほか、日本フィル、バーデン=バーデン・フィル、都響、芸大フィル、東京シティ・フィル、宮崎国際音楽祭管弦楽団等と共演。これまでに三戸泰雄、原田幸一郎、漆原朝子、堀正文、ドン=スク・カンの各氏に師事。徳永二男、川崎雅夫、R.パスキエの各氏の教えを受ける。2017年、東京藝術大学を首席で卒業、学内にて福島賞、安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞を受賞。現在、同大学院音楽研究科修士課程に在学中。ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。

●矢部優典(チェロ)Yusuke Yabe

8歳よりチェロを始め毛利伯郎氏に師事。第86回日本音楽コンクールチェロ部門第2位及びE.ナカミチ賞受賞。第69回全日本学生音楽コンクール高校の部第1位及び日本放送協会賞受賞。第9回ミュージック・アカデミーinみやざき優秀賞。2016石川ミュージックアカデミー音楽賞。宮崎国際音楽祭にて「新星たちのコンサート」と「マイスキーと驚異のチェロ ・アンサンブル」に出演。2016、17、18年度・桐朋学園大学音楽学部チェロアンサンブル・サイトウ奨学生。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ヤンチャン・チョー,ミクローシュ・ペレーニ氏、タマーシュ・ヴァルガ氏(ウィーン・フィル首席チェロ奏者)等のマスタークラスを受講。現在桐朋学園大学ソリストディプロマコース3年在籍中。

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131