八ヶ岳カラマツチェンバロ・コンサート

ニューイヤーコンサート

新たな年を寿ぐバロック音楽を
カラマツチェンバロと旋律楽器のアンサンブルで。

2021年1月2日(土)
午後1時00分 開場/午後1時30分 開演(約60分)

【出演】
小林 恵(ソプラノ)、池田梨枝子(バロックヴァイオリン)、鈴木愛美(チェンバロ)

【プログラム】
J.S.バッハ:G線上のアリア
J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 より Laudamus te
J.Ph.ラモー:聖ルイの祝祭のためのカンタータ ほか

■チケット料金(全席自由):大人 2,500円/4歳〜小学生 1,000

■チケット取扱い: セブンチケット
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※就学前のお子様のコンサートへの御同伴・ご入場は、遠慮ください。

敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
● コンサートチケット ● ご夕食 ● ご宿泊 ● ご朝食 ● サービス料・消費税

料金表

1/2(土)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル     -
南館スタンダード  
北館スーペリア
中央館デラックス
     
中央館ジュニアスイートルーム      
中央館スイートルーム      

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また、4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※上記の料金はお1人様料金です。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●小林 恵(ソプラノ)Megumi Kobayashi

青山学院大学文学部史学科卒業。東京藝術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程修了。G.F.ヘンデル《ディクシット・ドミヌス》、A.ヴィヴァルディ《グロリア》、J.S.バッハ《ミサ曲 ロ短調》、《マタイ受難曲》、《ヨハネ受難曲》、J.ハイドン《十字架上のキリストの最後の七つの言葉》、G.フォーレ《レクイエム》等の宗教作品でソリストとして出演。青山学院大学聖歌隊在籍中は英国ツアーにてソロを務めたほか、エマ・カークビーによるマスタークラスを受講。
エルヴィオ・ソーヌス合唱団、早稲田大学・日本女子大学室内合唱団、東京スコラ・カントールム、バッハコア横浜ヴォイストレーナー。サリクス・カンマーコアメンバー。これまでに声楽を波多野睦美氏、野々下由香里氏、青木洋也氏に師事。

●池田梨枝子(バロックヴァイオリン)Rieko Ikeda

東京音楽大学を経て、同大学院音楽研究科修了。大学卒業後古楽に傾倒し、東京藝術大学大学院修士課程(バロック・ヴァイオリン専攻)に進学し修了。第30回国際古楽コンクール〈山梨〉第2位。同コンクール委員会の推薦で栃木・西方音楽祭でリサイタルを行う。オーケストラ・リベラ・クラシカ、バッハ・コレギウム・ジャパン、オルケストル・アヴァン=ギャルド等のオリジナル楽器のオーケストラ、アンサンブルに多数参加。現在はモダン・バロックを問わず、オーケストラ・室内楽・ソロなど幅広い演奏活動を行っている。ヴァイオリンを浦川宜也、山岡耕筰、中島郁子、植田しづか、バロックヴァイオリンを若松夏美、桐山建志、アンサンブルを鈴木秀美、大塚直哉の各氏に師事。

●鈴木愛美(チェンバロ) Manami Suzuki

東京学芸大学及び同大学院にてピアノ専攻修了、及び東京藝術大学大学院古楽科チェンバロ専攻修了。学芸大学在学時学長賞を受賞。
チェンバロと通奏低音を大塚直哉、ピアノを須藤昌子、石橋史生の各氏に師事。アリーン・ジルベライシュ、メノ・ファン・デルフト各氏のレッスンを受講。
2012年多摩フレッシュコンサート、2016年国際古楽コンクール〈山梨〉入選、2018年大阪国際コンクール第2位。
通奏低音奏者として調布音楽祭や藝大フィルハーモニアなどの演奏会に出演する他、八ヶ岳高原音楽堂カラマツチェンバロコンサートの出演などソロ活動も行っている。
日本チェンバロ協会会員。

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131