大貫妙子

アコースティック・コンサート

色鮮やかに、時を超える感性。
ポップシーンを軽やかに導く。

2021年8月7日(土)・8日(日・祝)
<1回目> 14:30開場 / 15:00開演(各日)
<2回目> 17:00開場 / 17:30開演(各日)

※各回休憩無し約70分公演となります。
※開場時間まで、音楽堂エリアにはお立ち入りいただけません。

※出演者・曲目・曲順など、内容が変更になる場合がございます。

【出演】
大貫妙子
山弦(小倉博和+佐橋佳幸)

■チケット料金:9,500

※会場内では、左右隣席を空けた分散着席のご協力をお願いいたします。お連れさまであっても間隔を空けて着席していただきます。
※1回目公演終演後は、館内の消毒作業のため2回目公演の開場時間まで閉館いたします。館内および音楽堂エリアではお待ちいただけません。

■チケット取扱い: セブンチケット
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートのお席は、当日ホール受付にて、ご予約されたグループごとの抽選となります。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※未就学のお子さまのご入場は、お断りいたします。

敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
● コンサートチケット ● ご夕食 ● ご宿泊 ● ご朝食 ● サービス料・消費税

料金表

8/7(土)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 55,900円 38,200円 -
南館スタンダード 34,000円
北館スーペリア
中央館デラックス
70,300円 45,400円 38,800円
中央館ジュニアスイートルーム 93,900円 57,200円 46,700円
中央館スイートルーム 143,000円 81,700円 63,100円
8/8(日・祝)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 55,900円 38,200円 -
南館スタンダード 34,000円
北館スーペリア
中央館デラックス
70,300円 45,400円 38,800円
中央館ジュニアスイートルーム 93,900円 57,200円 46,700円
中央館スイートルーム 143,000円 81,700円 63,100円

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また、4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※上記の料金はお1人様料金です。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●大貫妙子 Taeko Onuki

東京生まれ。

1973 年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75 年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』をリリースするも76 年解散。同年『グレイ・スカイズ』でソロ・デビュー。以来、現在までに27 枚のオリジナル・アルバムをリリース。 日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。

CM・映画音楽関連も多く、98 年の映画 「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人/第21回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞)など数多くのオリジナルサウンドトラックを手がけている。

2015年にはバンドネオン奏者・小松亮のアルバム「Tint」をリリースし、第 57 回輝く日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。

2017年から現在に至るまで、ソロ・デビューアルバム以降のオリジナル・アルバムをアナログレコードとして順次再リリース。2020年11月からはEMI在籍中のアルバムを初アナログ化。

ライブ活動は、6名のメンバーによるバンドライブ活動のほか、Strings quartettoを中心とした《Pure Acousutic》コンサートを行っている。

2020年12月には4年ぶり2度目となるシンフォニック・コンサートを開催をした。

オフィシャルサイト http://onukitaeko.jp/
オフィシャルTwitter https://twitter.com/OnukiTaeko
オフィシャルFacebookページ https://www.facebook.com/TaekoOnuki

●小倉博和(ギター)Hirokazu Ogura

1960年香川県高松市生まれ。

1994年桑田佳祐ソロアルバム「 孤独の太陽 」を全編にわたりサポート。シングル「 月 」は日本レコード大賞・優秀賞。「 孤独の太陽 」はアルバム大賞を受賞。

サザンオールスターズ・福山雅治・槇原敬之・森山良子・大貫妙子・JUJU・Bank Band・kokuaをはじめ数多くの作品に関わる。

ギターデュオ山弦を結成、5枚のアルバムをリリース。

2014年ソロアルバム「 GOLDEN TIME 」、2016年「 Summer Guitars 」、2019年4月最新アルバム「 Sketch Song 」をリリース。

高いテクニックと幅広い音楽性に裏付けされた、そのギタープレイ&楽曲はジャンルを越えて多くの支持を受けている。

FM COCOLOでMARTIN CLUB JAPAN Presents「 小倉博和のFRIDAY,Sound of Strings 」でラジオDJも努める。

オフィシャルFacebook https://www.facebook.com/HirokazuOguraOfficial/

●佐橋佳幸(ギター)Yoshiyuki Sahashi

1961.9.7 生 / 出身地:東京都目黒区 / A型

全米トップ40に夢中だった中学時代、シンガーソングライターに憧れ、初めてギターを手にする。

1983年・当時先鋭的な存在であったバンド「 UGUISS 」のメンバーとしてエピック・ソニーからデビュー。解散後はセッションギタリストとして、数えきれない程のレコーディングセッション及びコンサートツアーに参加。

80年代後半からは作編曲家・プロデュースワークと活動の幅を広げ、1994年に手がけた藤井フミヤの「 True Love 」はミリオンセラーとなりそのクリエイティビティーが高く評価される。同年にはイーストウエスト・ジャパンからソロ・アルバムを発表、多種多様な音楽活動を展開している。

山下達郎、竹内まりや、佐野元春、小田和正など、日本の音楽シーンを牽引しているアーティストからの信望が厚く、様々な創作活動の局面で数多く起用されている。また小倉博和とのギター・デュオ「 山弦 」として3枚のオリジナルアルバムを発表、個性的な活動も注目されている。

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131