小野リサ

サマーライブ2021

「旅するボサノバ」がテーマの二夜。
心地よいサウンドで世界に思いを巡らせて。

2021年8月14日(土)・15日(日)
<1回目> 14:30開場 / 15:00開演(各日)
<2回目> 17:00開場 / 17:30開演(各日)

※各回休憩無し約70分公演となります。
※開場時間まで、音楽堂エリアにはお立ち入りいただけません。

【共演】
二村希一(ピアノ)
ヤマカミ ヒトミ(フルート&サックス)
クリス・シルバースタイン(ベース)

【プログラム】
[1日目] 旅するボサノバ~カントリーソング
Jambalaya/ Danny Boy ほか

[2日目] 旅するボサノバ~ハワイアンソング
Beyond the reef/ Aloha oe ほか

※出演者・曲目・曲順など、内容が変更になる場合がございます。

■チケット料金:10,500

※会場内では、左右隣席を空けた分散着席のご協力をお願いいたします。お連れさまであっても間隔を空けて着席していただきます。
※1回目公演終演後は、館内の消毒作業のため2回目公演の開場時間まで閉館いたします。館内および音楽堂エリアではお待ちいただけません。

■チケット取扱い: セブンチケット
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートのお席は、当日ホール受付にて、ご予約されたグループごとの抽選となります。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※未就学のお子さまのご入場は、お断りいたします。

敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
● コンサートチケット ● ご夕食 ● ご宿泊 ● ご朝食 ● サービス料・消費税

料金表

8/14(土)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 56,900円 39,200円 -
南館スタンダード 35,000円
北館スーペリア
中央館デラックス
71,300円 46,400円 39,800円
中央館ジュニアスイートルーム 94,900円 58,200円 47,700円
中央館スイートルーム 144,000円 82,700円 64,100円
8/15(日)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 53,100円 37,300円 -
南館スタンダード 33,800円
北館スーペリア
中央館デラックス
66,500円 44,000円 38,200円
中央館ジュニアスイートルーム 87,700円 54,600円 45,300円
中央館スイートルーム 131,700円 76,600円 60,000円

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また、4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※上記の料金はお1人様料金です。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●小野リサ Lisa Ono

1962年、ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。1989年、アルバム『カトピリ』でデビュー。“ボサノバの神様”アントニオ・カルロス・ジョビンや、“ジャズ・サンバの巨匠”ジョアン・ドナートとの共演、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っている。99年、アルバム「ドリーム」が20万枚を超えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4度受賞。2013年にブラジル政府からリオ・ブランコ国家勲章を授与されるなど、日本におけるボサノバの第一人者としての地位を不動のものとしている。2018年 デビュー30周年を記念し、J-POPカバーアルバム第4弾『旅 そして ふるさと』を3月にリリース。
2018年5月には初のオーストラリアツアー、10月から11月にかけては初の北米(アメリカ・カナダ)ツアーを開催し、世界的に活躍。
2019年1月DJ TAROが手掛けるノンストップ・カフェ・ミックスアルバム2タイトル同時発売。「ISLAND CAFE feat. Lisa Ono Ⅱ」「LISA CAFE Ⅱ~Japão especial」
2019年9月にはオセアニアツアーを開催。初のニュージーランドでのコンサートと、オーストラリア(アデレード・ブリスベン・メルボルン・シドニーオペラハウスなど)全5公演コンサートを行った。
2019年12月4日、新しいアルバム「愛から愛へ〜愛の讃歌〜」をリリース。
宇崎竜童&阿木燿子のゴールデンコンビによる新曲「まだ恋が足りない」の他、「愛の讃歌」など収録。このアルバムを引っさげてのコンサートツアー「小野リサ コンサート2020 Love Joy and Bossa Nova」が、2020年2月21日(金)Bunkamuraオーチャードホールからスタートした。
2020年6月〜『小野リサL I S A O N O公式YouTubeチャンネル』を開設し、毎週リモートで収録したミニライブを配信。2021年からは毎月、ミニライブを配信している。
2021年3月N H K東日本大震災復興支援ソング『花は咲く』をポルトガル語で歌唱し、N H K国際放送で放送され話題に。2021年1月23日Bunkamuraオーチャードホールで開催された『小野リサ コンサート2021〜New Year Journey〜』で初披露した。

オフィシャルサイト https://onolisa.com/

●二村希一 (ピアノ) Kiichi Futamura

東京都渋谷区出身。
長年、マーサ三宅ボーカルハウスの発表会の伴奏の一部分を担当してきた。
現在、松尾明テイクテン、伊勢秀一郎(tp)バンド、山口友生disk1trio、田村エナ+片桐幸男unit4、トリオカイピリーニャの一員として演奏している。
また、ときどき堤智恵子(as)、野間瞳(vo)、BREEZE(vocal group)とときどき共演している。
2014年小野リサ中国ツアーに参加した。
自分のクインテットでは「アケタの店」で30年近く演奏活動を続けている。
2002年6月にこのクインテットのCDが発売された。2009年12月にトリオアルバムとしては初リーダー作「My Favorite Tunes」をリリースする。
2014年9月15日に小林音楽工房からトリオ第二作「Play for Prayers for K」をリリースした。

●ヤマカミヒトミ(フルート&サックス)Hitomi Yamakami

「カセットコンロス」のメンバーとして徳間ジャパンよりデビュー。
その後、小野リサ・由紀さおり・久保田利伸・JUJU・石丸幹二・Toshl ・宮沢和史・手嶌葵・大島花子・Ann Sally・saigenji・ハナレグミ・おおはた雄一・土岐麻子・湯川潮音・高木正勝・寺尾沙穂・イドンゴン、一十三十一など、多数のアーティストのレコーディング/ツアー・ライブサポートに参加。
2014年、初のソロCD「Withness」を、2015年に2枚目のCD「As we are」をリリース。
あたたかく美しい音色を生かしたナチュラルなサウンド感が好評。

2021年公開予定のドキュメンタリー映画「塩月桃甫」の音楽では、全編にわたって編曲で参加している。

●クリス・シルバースタイン(ベース) Chris Silverstein

1959年ニューヨーク生まれ、バークリー音楽大学卒業。
1985年に来日以降、様々なジャンルのサポートメンバーとして日本で幅広い活動を行っている。
小野リサ、オーケストラジャパン(Disney On Classic)、古澤巌、東儀秀樹、ROLLY、天童よしみ、中森明菜、森山良子、宮川彬良Pops Concerts、篠原涼子、宮川彬良、BSフジ『堺でございます』堺正章、宮川彬良MD.、加藤和彦、和幸(加藤和彦 +坂崎幸之助)、つのだ☆ひろ、イルカ、遊 機械/全自動シアター高泉淳子「ア・ラ・カルト」「オーマイパパ」「シークレットクラブ」、藤野浩一と共にピンクレディ、由紀さおり、岩崎宏美、NHK「青春のポップス」、Various Pops Concerts-神奈川フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団など多くのアーティストのライブやレコーディングに参加。

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131