国府弘子with川井郁子

ジャンルを超えて縦横無尽に活躍するジャズピアノ界のスーパー・レディ国府弘子が、ヴァイオリン・ミューズ川井郁子をゲストに迎えて贈る一期一会のステージ。

2021年9月25日(土)
14:30開場 / 15:00開演

※開場時間まで、音楽堂エリアにはお立ち入りいただけません。

【出演】
国府弘子(ピアノ)
川井郁子(ヴァイオリン)

【プログラム】
リベルタンゴ/チャールダーシュ/映画音楽メドレー/各自オリジナル作品など

※出演者・曲目・曲順など、内容が変更になる場合がございます。

■チケット料金:9,500

■チケット取扱い: セブンチケット
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートのお席は、当日ホール受付にて、ご予約されたグループごとの抽選となります。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※未就学のお子さまのご入場は、お断りいたします。

コンサートチケットと、敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
●八ヶ岳高原ロッジご宿泊 ●ご夕食 ●ご朝食 ●サービス料・消費税

料金表

9/25(土)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 45,500円 33,000円 -
南館スタンダード 30,600円
北館スーペリア
中央館デラックス
59,500円 40,000円 35,200円
中央館ジュニアスイートルーム 77,800円 49,100円 41,300円
中央館スイートルーム 110,200円 65,300円 52,100円

※上記は主なお部屋タイプの料金です。この他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また、4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※上記の料金はお1人さま料金です。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●国府弘子(ピアノ)Hiroko Kokubu

数々の演奏経験を経てその音色にますます深い情感をたたえ、ジャンルを超越した共演者から熱いラブコールの絶えない、オンリーワンのピアニスト国府弘子。

自己のトリオやソロピアノでの演奏、またオーケストラとの競演まで幅広い活動を展開、全国的な人気を集めるピアノ界のスーパー・レディ。

国立音楽大学ピアノ科在学中にジャズに目覚め卒業後単身渡米、ジャズ界の重鎮バリー・ハリスに師事。
帰国後1987 年ビクターJVCレーベルと契約、日米で23枚の作品をリリース。他、アーティストへの作品提供をはじめ、参加アルバムも 数多い。

ピアノと作曲両面でジャンルを越えた取り組みを行い、独自の国府ワールドを確立。常に様々なチャレンジに挑みながら、音楽の喜びと情熱、そして安らぎにあふれる国府弘子独特のピアノの魅力は聴く人々の心を捉え続ける。

現在、川崎市市民文化大使、埼玉入間市文化創造施設アドバイザー、平成音楽大学、尚美学園大学客員教授。

2015年、音色の贅を極めたピアノソロアルバム「ピアノ一丁!」(ビクター)に続き、2016年夏、岩崎宏美さんの歌唱にピアノだけで寄り添ったデュオ・アルバム「ピアノ・ソングス」(インペリアルレコード)リリース。

2020年1月のリリースに向けて24枚目のアルバム 「ピアノ・パーティ」(ビクター)を製作中。

オフィシャルサイト http://kokubuhiroko.net/

●川井郁子(ヴァイオリン) Ikuko Kawai

香川県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。現在大阪芸術大学(演奏学科)教授。
国内外の主要オーケストラをはじめ、指揮者チョン・ミョンフンや、テノール歌手ホセ・カレーラスなどの世界的音楽家たちと共演。またジャンルを超えて、ポップス系アーティストや、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演。
2008年ニューヨークのカーネギーホール、2015年にはパリ・オペラ座、2019年にはワシントンD.C.での全米さくら祭り、中国・西安にて日中国交正常化30周年のイベントへの出演など、国内外で活躍。
第36回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞。
2020年DVD「LUNA」を発売。
渋谷オーチャードホールから世界中の医療従事者に音楽を通して感謝を伝える無観客チャリティーライブ配信コンサートを行う。大河ドラマ「麒麟がくる」の紀行のテーマを担当。
2021年横尾忠則現代美術館での横尾作品とのコラボレーション演奏の映像が世界発信される。
社会的活動として「川井郁子マザーハンド基金」を設立。また全日本社寺観光連盟親善大使、国連UNHCR難民サポーターを務める。
使用楽器:ストラディヴァリウス(1715年製 大阪芸術大学所蔵)

オフィシャルサイト https://www.ikukokawai.com/

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131