小曽根 真 トリオ

Trinfinity

若きトップ奏者と共に
日本から世界を駆け巡る。

2024年5月18日(土)、19日(日)
14:30開場 / 15:00開演

※開場時間まで、音楽堂エリアにはお立ち入りいただけません。

【出演】
小曽根 真(ピアノ)
小川晋平(ベース)
きたいくにと(ドラムス)

※出演者・曲目・曲順など、内容が変更になる場合がございます。

ご宿泊にならないお客さまでもコンサートにご参加いただけます。

■コンサートチケットのみ:12,000

■チケット取扱い: セブンチケット
  八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

※コンサートのお席は、当日ホール受付にて、ご予約されたグループごとの抽選となります。
※コンサートチケットは、ご予約後のキャンセルはできません。
※未就学のお子さまのご入場は、お断りいたします。
※「コンサートチケットのみ」、「コンサートチケット&宿泊プラン」に、それぞれ定数がございます。どちらかが先に完売となる場合がございます。

敷地内のリゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」にお泊まりいただくプランです。

プランに含まれるもの
● 宿泊日当日のコンサートチケット ● ご夕食 ● ご宿泊 ● ご朝食 ● サービス料・消費税

料金表

5/18(土)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 52,500円 40,000円 -
南館スタンダード 36,100円
北館スーペリア
中央館デラックス
66,500円 47,000円 40,700円
中央館ジュニアスイートルーム 84,800円 56,100円 46,800円
中央館スイートルーム 117,200円 72,300円 57,600円
5/19(日)
室タイプ/ご利用人数 1名さま 2名さま 3名さま
北館クラシカル 48,000円 37,000円 -
南館スタンダード 34,100円
北館スーペリア
中央館デラックス
59,000円 42,000円 37,400円
中央館ジュニアスイートルーム 73,500円 48,000円 41,400円
中央館スイートルーム 97,500円 60,000円 49,400円

※上記の料金はお1人さま料金です。

※上記の料金には、宿泊日当日のコンサートチケット、ご夕食、ご宿泊、ご朝食、サービス料・消費税が含まれております。

※上記お部屋タイプの他にコーナールーム、ロイヤルスイートルームがございます。 また4名さままでご利用可能なお部屋もございます。詳しくはお問い合わせください。

※予約確認書を公演1カ月前に送付いたしますので、内容をご確認ください。

※前後泊も承っております。詳しくはお問い合わせください。

※「コンサートチケット&宿泊プラン」、「コンサートチケットのみ」に、それぞれ定数がございます。どちらかが先に完売となる場合がございます。

〔キャンセルについて〕

※ご予約・ご購入いただいたコンサートチケットの変更・キャンセルはできません。

※ご宿泊日の3日前より宿泊料のキャンセル料が発生いたします。(自然災害等の場合はご相談ください。)

※「コンサートチケット&宿泊プラン」をご予約後、宿泊のみキャンセルされる場合は、 ご予約の変更(「コンサートチケットのみ」へのプラン変更)を承ります。
ただし、「コンサートチケットのみ」の定数が既に完売となっている場合は、ご予約の変更が承れない場合がございます。あらかじめご了承ください。

コンサート翌朝のお散歩がオススメ!ネイチャーウォークで自然を満喫。

コンサートの翌朝は、自然郷のビュースポットを巡る朝の散歩をスタッフがご案内いたします。
(無料・予約不要)詳しくはイベントページをご覧ください。

●小曽根 真(ピアノ)Makoto Ozone

1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。以来、チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラ、アヴィシャイ・コーエン等、世界的なプレイヤーとのツアーや、自身が率いるトリオやビッグ・バンドの活動など、ジャズの最前線で活躍。2003年グラミー賞ノミネート。

クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、シカゴ交響楽団、NDRエルプフィルハーモニーなど、 国内外のオーケストラとの共演も重ねている。2021年には還暦を迎え、「OZONE60」プロジェクトを全国47都道府県に展開。2022/2023シーズンには、小曽根真featuring No Name Horses初の  ベスト版「THE BEST」をリリースし、全国ツアーを催行。2023年夏、レナード・スラットキン指揮/ ロサンゼルス・フィルとハリウッド・ボウルに出演、秋には世界最高峰のビッグバンドの1つと評される、WDRビッグバンドとのケルン公演が大きな話題となった。現在、「From OZONE till Dawn」と  題した若手音楽家のプロジェクトにも取り組み、後進の育成と活動にも努めている。
平成30年度紫綬褒章受章。

オフィシャル・サイト: http://makotoozone.com/
Instagram: https://www.instagram.com/ozonemakoto/
Facebook: https://www.facebook.com/makoto.ozone.1
X: https://twitter.com/ozonemakoto

●小川晋平(ベース)Shimpei Ogawa

1994年愛知県岡崎市出身。2016年大学卒業。
13歳でエレクトリックベースを始め、ジャズの魅力に惹かれ16歳でウッドベースを始める。
2016年に渡米し、California Jazz Conservatoryに入学。Jeff Densonを始め、様々なミュージシャンに師事する傍ら、サンフランシスコ周辺のライブハウスやスタジオを中心に演奏活動をする。
2019年にNYに移り、2021年に帰国。東京に拠点を移し、日野皓正、小曽根真、Gene Jackson、黒田卓也、大林武司の各氏らと共演。
2023年 大植英次指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団による小曽根真作曲:ピアノ協奏曲『SUMIDA』(同団50周年委嘱作品)世界初演演奏会に出演。
2024年に小曽根真が結成した新ピアノ・トリオ『Trinfinity』のメンバーに抜擢され、ニューヨークでの録音に参加。国内外でツアーを行う。
受賞歴
2018年 Reno Jazz Festival 最優秀賞
2018年 Jazz Search West Competition 2位
2019年 International Society of Bassists Competition セミファイナリスト

Facebook: https://www.facebook.com/shinpeio1
X: https://twitter.com/shrimphead_ogw

●きたいくにと(ドラムス)Kunito Kitai

1995年奈良県生まれ。2017年国立音楽大学ジャズ専修を卒業。
神保彰氏に師事し、同学在学中にプロデビュー。
増尾好秋「MAGATAMA」、鈴木勲「OMA SOUND」のレギュラーメンバーを務め、エリック・ミヤシロバンドなどへも参加。ジャズ界に身を置きながら、エンタメ・ジャズバンド「Calmera」のメンバーとして、全国の大型ロックフェスにも出演。角松敏生や佐藤竹善などのバックバンドにも参加するなど、様々なライブやレコーディングなどでジャンルを超えて活躍。
2023年 大植英次指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団による小曽根真作曲:ピアノ協奏曲「SUMIDA」(同団50周年委嘱作品)世界初演演奏会に出演。
2024年、小曽根真のピアノ・トリオ「Trinfinity」のメンバーに抜擢され、1月リリースアルバムニューヨークでの録音に参加。国内外でツアーを行う。

Instagram: https://www.instagram.com/kunitodrums/
Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005709031752
X: https://twitter.com/kunito

主催:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131