ご予約・お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ TEL 0267-98-2131 MAIL yoyaku@yatsugatake.co.jp

旅行会社さまのご予約も可能です
グループご宿泊プラン

グループランチのご案内はこちらをごらんください

設定日:2021年1月4日(月)〜2021年7月16日(金) の平日・休日、2021年9月1日(水)~2022年2月25日(金)
(休館日・土曜・祝前日・八ヶ岳高原音楽堂コンサート開催日を除く)

料 金:お1人さま1泊2食、サービス料込税別

室タイプ

1室1名
税別

1室2名
税別

1室3名
税別

南館スタンダード

22,000円

16,000円

14,000円

デラックス

29,500円

19,500円

17,000円

お人数:15名さま以上

※最大設定人数は100名さま(デラックスツイン25室、南館スタンダード19室)
※乗務員・添乗員さま 1泊2食 お1人さま7,500円(税別)

プランの特徴

【1】 高原の滞在をお楽しみいただける豊富なプログラムをご用意
【2】 最寄りの特急停車駅「小淵沢駅」送迎可能
【3】 内外の一流アーティストコンサートを開催する「八ヶ岳高原音楽堂」がオプションでご利用いただけます

ご滞在中のモデルスケジュール

1日目
アクセス例
鉄道の場合
・新宿発11:00あずさ13号→小淵沢着12:59
・名古屋発10:00ワイドビューしなの7号→(塩尻駅 あずさ16号 乗換)小淵沢着12:45
 小淵沢駅より送迎バスで50分
車・バスの場合
・中央高速道路、須玉・小淵沢ICより約45分、長坂ICより約40分
・中部横断道、佐久南ICより約60分

13:15
小淵沢駅発ホテル送迎バスにて高原ロッジへ

14:00
八ヶ岳高原ロッジ着、チェックイン 
夕食までホテル周辺の遊歩道散策をお楽しみください
遊歩道マップ

八ヶ岳高原音楽堂貸切コンサート
貸し切りコンサートの手配を承ります、詳しくはお問い合わせください。

【手配公演一例】八ヶ岳の大自然が育む文化の芽 八ヶ岳カラマツチェンバロ コンサート


2018年春、長野県・川上村産の樹齢110年のカラマツから、ヨーロッパの宮廷文化を象徴する楽器「チェンバロ」が誕生しました。 カラマツは全国有数の森林県・長野県の代表的な樹木です。また八ヶ岳高原音楽堂でも主な木材として使用され、その建築美を印象付けています。 16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの宮廷社会で流行し、バッハ以前の音楽「古楽」の代表的な楽器として知られるチェンバロは、時代を超えて愛され続ける、繊細な美しさをたたえた楽器です。木のぬくもりに溢れる音楽堂の環境にこそふさわしい音色から、自然の大切さ、日本の林業・職人文化を伝え、そして想像力は世界の歴史・文化へと広がります。 ひとの手を介してこの大地に根付いた樹木が、ひとの手によって美しい楽器となって、ひとの心を育てる感動を生み出します。 自然と調和する音楽堂が、自然、歴史、文化の大切さまでを伝えるコンサートです。

【会場】八ヶ岳高原音楽堂
【出演】出演者につきましては、こちらのページをご覧ください【主催】八ヶ岳高原ロッジ

【協力】久保田チェンバロ工房/双葉林業

【手配公演一例】秋葉美果(ヴァイオリン)&吉岡裕子(ピアノ)DUOコンサート。

《クラシック》《映画音楽、ディズニー、ジブリ》《ポップス、日本の歌》他 200曲を超えるレパートリーの中から事前のリクエストも承ります。ヴァイオリン、ピアノそれぞれの独奏曲のリクエストについてもご相談ください。
主なレパートリー 一覧はこちら

公演時間:60分~90分(ご希望による)
手配料金:お問い合わせください

秋葉美果(あきば みか) ヴァイオリン
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科を卒業。その後同大学院音楽研究科を修了。ポーランドに留学し、ショパン音楽大学 (旧・ショパンアカデミー)研究課程を修了。これまでに、西川重三、鷲見三郎、田中千香士、天満敦子、前橋汀子、ベラ・カトーナ、タデウシ・ガジーナの各氏に師事した。
第9回霧島国際音楽祭で奨励賞受賞。NHK-FMリサイタルに出演。旧・東京ゾリステンのメンバーとして、国内やフランス、スペイン、メキシコ、ポルトガル、ポーランドで数々のコンサートにソリストとしても出演。その他フランス、ポーランドのオーケストラ、旧・新星日本交響楽団、群馬交響楽団と協奏曲を共演。日本やポーランド各地でリサイタルやデュオのコンサートを開催、音楽祭などにも出演した。中でも、バッハのドッペルコンチェルトを演奏した旧・東京ゾリステンヨーロッパ公演のライブ録音CD (Victor) は特に注目された。1998年、群馬交響楽団の首席奏者に就任。数々の著名な音楽家と共演し、ソロをはじめアンサンブルでも意欲的に演奏を続ける。「秋葉美果さんを囲む会」の支援により、観客に親しまれるコンサートを展開する他、2008年から2017年には八ヶ岳高原音楽堂「四季の音楽会」に度々出演し、様々なヴァイオリン曲を紹介した。ヴァイオリン歴50周年となる今年は、また新たな思いで演奏に臨む。

吉岡裕子(よしおか ゆうこ)ピアノ
武蔵野音楽大学を経て、同大学院修了。ピアノを福元サザレ、永島恭子、G. ベルゲ、M.M =シュタイン、山田彰一、E. トゥーシャの各氏に、ピアノデュオ演奏法を H.P=ロジェ氏に、室内楽を M. フランス氏に師事。全日本演奏家協会主催「第1回全日本フランス音楽コンクール」第2位入賞。国内外の音楽祭やマスターコース、セミナーに参加し、研鑽を積む。ヴェルビエ音楽祭(スイス)では、ソロと室内楽の両方でアカデミーファイナルコンサートの出演者に選抜された。1995年のデビューリサイタル以来、演奏活動を継続している。2005年、エストニア、ヤネダ村の “音楽と星の塔” に作曲家のウルマス・シサスク氏を訪ねてレクチャーを受け、2014年、エイヴェレ国際ピアノフェスティバル(エストニア)に招かれ、シサスク氏とコラボレーションコンサートを行った。2020年にはエストニアにて開催されたシサスク60歳記念コンサートに出演し、「銀河巡礼~赤道の星空」全曲をクレッサーレ(サーレマー島)とカドリオルグ宮殿にて演奏、その演奏はエストニアのラジオ局より放送された。これまでにCDアルバム「シサスク~銀河巡礼」を3枚リリースしている。八ヶ岳高原音楽堂での演奏は1997年に始まり、2005年から2017年にかけては「四季の音楽会」に出演、ソロ演奏、管楽器、弦楽器(秋葉美果氏)との共演を続けた。埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科ピアノ講師。ピアノ歴50年。

Duoとしてのコンサート活動
秋葉美果、吉岡裕子のデュオは八ヶ岳高原音楽堂「四季の音楽会」を機に2008年に結成。音楽堂では2017年までに20回以上の演奏を重ね、現在も各地で演奏活動を続けている。レパートリーは200曲を超え、リクエストにも応じながら親しみやすいコンサートを開催している。

18:00
夕食 複数のプランからお選びください(※グループさま全員同メニュー)

プラン〈1〉 レストラン花暦一般席にて洋食フルコースディナー

プラン〈2〉 メインダイニングル・プラトー一般席にてフランス料理フルコースディナー 
 (※お1人さま6,500円〜9,500円追加)

オプション 夕食後 日本3選星名所の星空観望会
専門家が星座の観察とデジタルカメラでの星空撮影教室をご案内します。
 (※講師手配料20,000円)

2日目

6:30~8:00
朝食前の自然散策「ネイチャーウオーク」ホテルスタッフの自然観察指導員がご案内いたします。

7:30~
レストラン花暦にて朝食

翌日八ヶ岳周辺トレッキングのガイド手配いたします。(ガイド1名30,000円~)

11:00
チェックアウト

ご予約・お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ TEL 0267-98-2131 MAIL yoyaku@yatsugatake.co.jp